ペンタックスKマウントのレンズが使える「RICOH XR500」を買ったのですが、Kマウントで現在私が持っているのは50mmのレンズだけなので、ここらで広角へ幅を広げようと新宿のカメラ店を物色していたときに見つけました。

 

マウントが違うじゃん!というツッコミは百も承知ですが、なかなか見かけないレンズが、カビ付きながらも1890円で買えるのは非常に魅力的です。

 

そんなわけで、急遽予定を変更してこのレンズの分解レポとしたいと思います(笑)。

 

まずは外観。

 

2011.9.13_001

 

レンズの色が黄色いのは単層コーティングの為で、逆光性能等においては、この次の世代であるSMC(Super-Multi-Coated)多層コーティングレンズの方が良いとされています。

 

個人的にはこの色は好きなんですが…。

 

2011.9.13_002

 

距離計や絞りリングに書かれている数字を見ると、比較的古い時代に作られたものであるようです(フォントが丸いため)。

 

2011.9.13_003

 

おしり(マウント側)はすぼまった小さなレンズで、「Super-Multi-Coated TAKUMAR 35mm F3.5」と見た目が似ています。

 

2011.9.13_004

 

絞り羽は5枚ですが、羽はしっかりとした材質が使われているようです。

 

見たところによると、後玉レンズ群(小さいレンズたち)のどれかにカビが付着しているようなので、それを目指していきたいと思います。

 

 

それでは、分解に取り掛かっていきましょう!

 

まずはいつも通り銘板を外します。たくさんレンズを分解する方は防水型プラグ(Panasonic電工製。ホームセンターにて700円程で購入)を使うと回しやすくて良いでしょう。

 

2011.9.13_005

 

2011.9.13_006

 

銘板の下からは、3カ所にそれぞれ2本ずつ隣り合ったネジが現れるので、まずはそのうちの右側の方のネジを外してフィルター枠を取り除きます。

 

2011.9.13_007

 

フィルター枠を外したら、今度はもう一方のネジも外していきます。こちらはレンズと絞り機構を押さえているネジです。取れた金具は無くさないようにしましょう。

 

2011.9.13_008

 

このネジが取れたら、ピントリングを押さえながらレンズ上部を持ち上げると、レンズと絞り機構が一体となったユニットがゴロッと出てきます。

 

2011.9.13_009

後は、レンズを押さえているカニ目や金具を回してレンズを一つ一つ取り出していきます。

 

ちなみに今回は、絞り周辺のレンズ(後玉群)にカビの繁殖が見られるので、絞りの前と後ろの両方からアプローチを試みてみようと思います。

 

まずは前面(レンズが大きい方)から。

 

 

レンズユニットを横から見ると、いくつかの結合部があることがわかります。全てのレンズを取り外す場合はこれを一つ一つ回して外していけばよいのですが、今言ったように前玉群は清掃の必要が無いので、一つ飛ばして前玉群をまとめて取り外してしまいます。

 

2011.9.13_010

 

横から見て縦に溝が入ってる部分(オレンジの矢印で示した所)を回すと、前玉群が取れて、後玉群が見えてきます。

 

後玉群は、絞りの前と後ろで別々に分解するようになっているので、ここでは絞りより前に位置する後玉群を外します。

 

正面から見て外側と内側にカニ目がありますが、外側は後玉群全体を押さえているもので、内側は今見えているレンズを止めているものです。

 

ユニットの中に指を突っ込んで作業するのは少し面倒なので、順番としては外側を外してレンズ群を取り出した後に内側を外すのが良いでしょう。

 

2011.9.13_011

 

そして取り出したのがこちら。

 

2011.9.13_012

 

幸いなことに、カビがいたのは端っこのレンズ面だったので、こちらはそこを台所用洗剤で洗って、無水エタノールで消毒しました。

 

ちなみに絞り羽はこんな感じです。他の世代より頑丈そうです。

 

2011.9.13_013

 

 

これでめでたしめでたしと終わったかなと思ったのですが、まだカビは残っていまして…。

 

もう一つは絞り羽を挟んで後ろ側のレンズにくっついていました。

 

とは言っても後ろのレンズの分解はすこぶる簡単で、レンズのおしり(小さいレンズの方)にあるカニ目を回すだけで分解ができます。

 

こちらにも内側と外側、二つのカニ目があるのですが、基本的にカニ目の位置関係はどこでも変わらないので、内側は見えているレンズを押さえているもの、外側は複数のレンズを押さえているものです。

 

迷ったら、まずは外側から外していきましょう。

 

2011.9.13_014

 

カビを取ったら、レンズの間にホコリが入らないように注意しながら組み立てていきます。

 

組み立て終わったら、愛機のPENTAX SPへ合体して分解終了。

 

2011.9.13_015

 

2011.9.13_016

 

今回は絞り羽を挟んだ2枚のレンズにカビがいたようで、なかなか骨が折れましたが、何とか無事除去することができました。

 

 

後はフィルムとデジタルでの試写になると思いますが、こちらは気長にお待ちください(笑)。

 

あ、それと最近書いていなかったのですが…。分解は自己責任でお願いします。

広告